APOPLUS 保健師・看護師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 保健師 求人・転職TOP
  2. 転職お役立ち情報
  3. 産業保健師とは

産業保健師とは

産業保健師は、企業の健康管理室や企業内診療所に勤務します。業務中にケガをした人や体調の悪くなった人に対して応急処置を施すほか、症状によっては通院を促すこともあります。このような業務は、学校の保健室の先生に近いものです。
また、産業保健師は、社員の健康維持のサポート業務も行いこちらが企業で求められる主業務となります。健康に関する社内イベントを企画したり、健康維持のためのセミナーを開催したりといった仕事が求められる可能性もあるでしょう。さらに、工場や倉庫で働く従業員の多い企業では、工場内や倉庫内での安全管理が正しく行われているかどうかや、事務所内が労働に適切な環境であるかどうかについての管理も行うことがあります。

昨今では、これらの業務に加えて、従業員のメンタルヘルスに関する相談を受けるケースも増えてきています。過重労働や社内の人間関係などによって心身のバランスを崩す社員が増加していることや、50名以上の社員がいる企業においてストレスチェックが義務付けられたことなどから、メンタルヘルス問題への関心は今後もますます高まっていくと考えられます。

産業保健師に必要なスキルや経験は?

産業保健師は、保健師の資格さえあれば未経験からでも挑戦することができます。とはいえ、勤務先に大企業が多く福利厚生が整った高待遇の産業保健師の求人は狭き門ですから、ある程度のスキルや経験を持った人材が優遇される傾向は否めないでしょう。

産業保健師は、企業内の保健室や医務室で応急手当を行うこともあるため、看護師としての経験を役立てることができます。
また、社員からの相談を受けることも多いことから、ある程度の社会人経験がプラスに働く可能性もあるでしょう。これは年配の社員が「人間関係がつらくて眠れない」といった悩みを相談するときに、かなり若い保健師が相手では少々頼りない感じがしてしまうためです。同様に、「人の話を親身になって聞いてくれる」「穏やかで人を安心させる」といった要素も、産業保健師に求められるポイントだと考えられます。
とはいえ、実際に産業保健師に何を求めるかは、各企業によっても異なります。求人情報などから、企業が保健師にどのような活躍を期待しているのかを読み解いて、自分に合った職場を見つけましょう。

産業保健師として働くメリット

産業保健師として働くメリットのひとつに、病院や保健所といった医療機関ではなく、企業の一員として働くことができるという点があります。もちろん、これをメリットととるかデメリットととるかは人によってさまざまでしょう。しかし、企業人としての働き方を求める保健師にとっては、産業保健師はほぼ唯一の道だといえます。
もちろん、保健師の場合、通常の社員のように営業活動や企画開発などを行うわけではありません。しかし、同じ企業で働く社員の健康を維持していくためのプロフェッショナルとして、企業の利益を間接的にサポートする働きを担うことになる保健師も、立派な企業の一員です。企業で働く人の中に入って活躍したいという方や、過重労働やパワハラなどで苦しんでいる人の役に立ちたいと考えている方は、産業保健師として働くのが良いでしょう。
また、複数の事業所を持つ企業の場合、あちこちの事業所を移動して業務を行うこともあります。そのため、常に同じ環境で働き続けるのに抵抗があるという方にとっても、産業保健師はメリットのある働き方です。

産業保健師の給料

産業保健師は経験者であれば、前と同等の年収が見込めますが、未経験者の場合一般的には300万円台が相場です。実際の給与は企業によって異なるものの、キャリアを積んでいけば着実に年収アップも期待できるため、経験を重ね最終的に高額な年収を得ることも夢ではありません。
産業保健師を募集する企業の多くは大企業であるため、待遇面にも期待ができるのです。
また、大企業での募集が多いということは、それだけ福利厚生も充実している可能性が高いということです。賞与や退職金、各種手当、持株会、保養所や社員食堂の利用といったプラスアルファの部分でもメリットが大きいといえるでしょう。

産業保健師としてのキャリアアップ

産業保健師としてキャリアアップを目指すのであれば、「産業カウンセラー」の資格取得を目指すのがおすすめです。産業カウンセラーは、企業に勤める従業員の心の問題を解決するためのスペシャリストです。
従業員が抱えるストレスを解決するためのストレスコントロールや、労働法などを熟知した上で行う心理学的なアドバイス、人材育成のためのサポートなどを行います。

産業カウンセラーの資格を取得するためには、日本産業カウンセラー協会による産業カウンセラー試験に合格する必要があります。産業カウンセラー試験を受験できるのは、「社会人としての職業経験を有し、大学院研究科において協会が定める科目数・単位数が認められた方」か、産業カウンセラー協会が行っている養成講座を受講した方です。
養成講座には、約7ヵ月間の通学講座(昼間コースは約22回、夜間コースは約38回)と、1年間の通信講座(16日程度の実習に参加する必要あり)が用意されており、都合に合わせて受講方法を選べます。

保健師資格だけでなく、産業カウンセラー資格も取得することで、企業に特化した産業保健師として必要な知識を得ることができるでしょう。また、産業カウンセラー資格を有しているということは、産業保健師としての就職を目指す際にも大きな強みになります。産業保健師として長く活躍していきたいという方は、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

産業保健師として働く方法

産業保健師として働くためには、通常の就職を目指す場合と同様に、企業の求人に応募して書類審査や面接審査を突破する必要があります。
産業保健師は、求人募集自体が少ないため、なるのが難しい職業だといわれています。しかし、近年は従業員の健康に配慮する企業も増えてきているのも事実です。また、最初から正社員を目指すのではなく、まずは派遣やパートなどの産業保健師としてのキャリアを積むというのもひとつの方法です。そのため、産業保健師を目指す場合は、こまめに求人サイトなどを利用したり、保健師の就職に強い転職エージェントや派遣会社に登録したりするのがおすすめです。
アポプラスステーションでも、多くの産業保健師求人を取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてください。

アポプラスステーションの登録メリット

25年の実績、業界実績トップ 保健師専門コンサルタント あなたの希望に合った保健師求人をご紹介します。