看護師の求人・転職のアポプラスメディカルジョブTOP > とっておきの職場・働き方特集 > 治験で働こう!

治験コーディネーター(CRC)のお仕事って?

治験とは

治験コーディネーター(CRC)のお仕事って?

そもそも、治験とはなんでしょうか?病院にお勤めの方の中にも、直接携わったことのある方ばかりでなく、「聞いたことがある」「初めて聞いた」などという方も多いと思います。

治験とは、厚生労働省から「薬」としての承認を受けるために実施する、健康な人を対象にした臨床試験です。
新しい薬を開発し、販売するためにまず「臨床試験」と呼ばれる治療を兼ねたテストを実施しなければなりません。
「臨床試験」では人を対象に薬の有効性や安全性などを確認し、その検査結果が国に承認され、初めてその薬が世に出るという流れとなっています。この、国から販売承認を得るための臨床試験を「治験」と言います。

そして治験コーデイネーター(CRC)は、「臨床試験」の一連の進行管理や調整を担います。
こう聞くと「何だか仕事の幅が広そうで、自分には難しいかも…。」そう思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも心配はいりません。治験コーデイネーターは看護師出身者が多く活躍しているお仕事なのです。

治験には臨床経験(カルテを見る/基本的な検査結果が理解できる/他職種とのスムーズな連携が出来るなど)が必要となりますから、看護師としての知識・経験が歓迎されるのはもちろん、治験に参加する方(被験者=患者)への細かなケアができるという事も強みとなっています。
被験者にも "看護師経験がある" というのは大きな安心感となっており、「もし症状の変化があった時、看護師出身者ならばすぐ気づいてくれそう」「治験外の健康上の相談にものってくれそう」などの声が多くあがっています。

治験コーディネーターの役割は、治験を実施している病院やクリニックをサポートすることで、臨床試験・治験を適正に実施し新薬開発を通して世界に貢献することです。
そのために治験全体のルールである「治験実施計画書」に沿って、検査の実施状況や検査結果を適正に管理していくことが大変重要です。
例えば、被験者への薬剤適正服用指導、医療機器の適正使用を指導したり、治験全体のスケジュールを管理していく等が実際の業務となっています。
そのほか、被験者へのインフォームドコンセント回収のサポート、医師を始めとした関係者間の様々な調整、更には業務フローの整理や作成など、治験実施現場の全てを「コーディネート(調整)」する非常にやり甲斐のある仕事です。

このように医師、病院側関係者との連携と医療知識が欠かせないお仕事ですので、未経験から治験コーディネーターにキャリアチェンジし、現場で颯爽と仕事をこなしている看護師出身の先輩たちも数多くいらっしゃいます。違う環境で臨床経験を活かしたいと考えている方には、新しいひとつの選択肢になりそうです。


CRC(治験コーディネーター)の主な仕事内容

▽患者(被験者)への同意・治験の説明
▽治験への不安を取り除くなどの患者へのケア
▽患者の来院日・検査・投薬のスケジュール管理
▽検査資料の整理・管理

アポプラスはCRC紹介のリーディングカンパニーで数多くの未経験看護師さんのご転職を成功させてきた医療専門転職会社です。いちから学べる研修制度にも定評があり、大手治験関連企業からも信頼いただき、大変多くの求人をいただいております。積極採用中の企業が急増中の今、アポプラスへ一度相談に来てみませんか?

非公開求人多数!

治験の求人紹介を受ける


治験についてもっと知りたい方へ

薬の誕生まで 治験実施されるまでの順序 治験実施にあたってのルール
厚生省令第28号(新GCP) インフォームドコンセント(同意説明文書) 新GCPの勉強方法

無料!転職サポートに登録するとできること 無料 まずは相談
  • 産業保健のお仕事特集
  • 病特集!夜勤なし!日勤のみ求人特集
  • 未経験者OK!治験、CRC業界セミナー
アポプラスに相談して希望にあった求人を紹介してもらう 非公開求人8割以上!

PAGE TOP