APOPLUS 保健師・看護師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 保健師 求人・転職TOP
  2. 転職お役立ち情報
  3. 学校保健師とは

学校保健師とは

学校保健師とは、いったいどのような仕事なのでしょうか。いわゆる「保健室の先生」との違いについても併せてご紹介します。

学校保健師の仕事

学校保健師の仕事は、「学校に通う生徒や教職員の健康管理や健康維持」を行うことです。学校の保健室に勤務し、体調を崩した方やケガをした方の応急処置を行います。このような業務は、保健室の先生と似たものでしょう。
また、学校内の病気予防に関する取組みや、保健師としての活動の研究を行う場合もあります。

近年では、若年層のメンタルケアに対する関心が高まっています。就職活動に対する不安、人間関係の悩みなど生徒の抱える心の問題に寄り添い、適切なアドバイスをするのも学校保健師の大切な仕事のひとつだといえるでしょう。また、教職員のメンタルヘルスに関しても、同様にサポートをしていく必要があります。

養護教諭との違い

「養護教諭」は、いわゆる「保健室の先生」のことです。保健室でケガや病気の応急手当てをするだけでなく、保健や道徳の授業を受け持ったり、遠足などの行事に同行したりして、子供たちの成長をサポートしています。
養護教諭は、看護師免許や保健師免許ではなく、養護教諭一種免許もしくは二種免許を取得した人がなることのできる職業です。養護教諭の専門は、あくまで「教育」で、子供の教育や指導方法、発達心理学などについての知識を持っています。予防医療を行う保健師とは、そもそも専門分野が異なっているといえるでしょう。

学校保健師になるには

学校保健師になるためにはどのようなスキルや資格が必要なのでしょうか。学校保健師として活躍していくために必要な技能についてご説明します。

必要なスキルと経験

学校保健師になるために必要なスキルに、「生徒たちの気持ちに寄り添えること」と「コミュニケーション能力」が挙げられます。
学校保健師は教職員のケアも行いますが、おもとなるのはやはり学校に通う生徒たちでしょう。子供嫌いの方は当然、学校保健師には向きません。
また、学校保健師は生徒から深刻な悩みを相談されることもあります。教師とも親とも友達とも違った立場の人間として信頼してもらえる相談相手になるためには、一定以上のコミュニケーションスキルが必須です。

必要な資格

学校保健師になるために必要なのは、基本的には保健師免許のみです。しかし養護教諭の免許を取得しておくと、より幅広い求人に応募することができるようになります。
学校保健師はそもそもの求人数が非常に少なく、狭き門といわれています。どうしても学校保健師を目指したいという場合は、養護教諭の免許を取得するのも一つの手段となるでしょう。

学校保健師として働くメリット

学校保健師として働く一番のメリットは、多感な時代の子供たちの気持ちに寄り添い、力になることができるという大きなやりがいでしょう。子供たちの心身の健康を維持・管理していく仕事は、大人を相手にする保健師とは違う難しさのあるものですが、その分やりがいもあります。
また、若い生徒たちとふれ合いながら働くというのは、自分自身のモチベーションアップや意欲向上にも役立ちます。入学から卒業まで、生徒の成長を見守りながら健康をサポートしていけるのは学校保健師ならではの魅力です。

なお、学校保健師は春休み、冬休み等の長期休暇を取得できる場合もあり残業等も少ないため、自分の生活を大切にしながら働くことができます。自分の時間を大切にしながらやりがいのある仕事に就けるというのも、大きなメリットのひとつです。

学校保健師の給料

学校保健師の給料は、どこの学校に勤めるかによって大きく変化します。とはいえ、正職員(常勤職員)フル勤務の場合、平均としては年収350~450万円程度となっています。
勤務年数が長くなれば、さらに高額の給与を得ることができるかもしれませんが、新任の場合や正職員以外での就職の場合は、これほど多くの収入は得られないケースもあるでしょう。

学校保健師は、一般的に産業保健師などと比べると高額な給料は得にくいといわれています。給料だけを基準に就職するのではなく、それ以外の魅力を感じている方が目指すべき職種だといえるでしょう。また、残業の有無や休日制度などについても確認するようにしましょう。

学校保健師のキャリアアップ

養護教諭は、その名のとおり、学校の「教諭」であり「先生」です。学校保健師は、あくまでも「保健室に勤務する保健師」という位置付けですが、養護教諭は「保健室の先生」になるのです。
養護教諭は保健室でケガなどの手当てをしたり、生徒の相談にのったりするだけでなく、道徳や保健の授業を受け持つこともあります。
学校で行われる若年層への教育は学科や芸術、実技などだけではありません。不規則になりがちな学校生活の改善・指導や、スマートフォンによるSNSのトラブルなどを未然に防いだり、性に対する正しい知識を身に付けさせたりすることも、学校教育の大切な側面です。こうした知識を正しく生徒に伝えるために、養護教諭は発達心理学や生徒指導論について学んでいる必要があります。

養護教諭になるためには養護教諭の免許を取得する必要があります。保健師が養護教諭の免許を取得するには、養護教諭養成施設や短大で文部科学省が定める指定の単位を取得し、教育委員会に申請しましょう。これで、養護教諭二種免許を取得することができます。
なお、一種免許取得を目指したい場合は、文部科学省が指定した大学で指定の単位を取得する必要があります。

独特の仕事内容が魅力の学校保健師

学校保健師の一番の魅力は、その独特な仕事内容でしょう。学校保健師は若い生徒たちの心身の健康を維持し、健全な学校生活を送れるようにサポートしていく大切な仕事です。また、生徒たちの入学と卒業という節目に立ち会い、成長を目のあたりにできるというのも学校保健師の喜びのひとつです。
その反面、学校保健師は就職先を見つけるのが非常に難しくなっています。そのため、こまめに求人情報をチェックしたり、養護教諭の免許を取得したりするといった努力も一つの手段です。
学校保健師として活躍したい場合は、夢に向けて早い段階から対策や準備を進めておくことをおすすめします。

アポプラスステーションの登録メリット

25年の実績、業界実績トップ 保健師専門コンサルタント あなたの希望に合った保健師求人をご紹介します。